ランニングコストが優秀

rurudo_img02

水素水の理想の摂取量は1日1リットル以上とされており、しっかりと体内細胞に水素のパワーを行き渡らせるためには1.0ppm以上の溶存水濃度が必要です。
さらに、最も大切なのはこれを毎日継続して飲むということです。

続けるからには注目したいのはランニングコストです。水素水にかかるコストが経済的に負担になりすぎると、せっかくのいいものも続けることができません。
高濃度水素水生成器ルルドは、持続性に優れた高濃度水素水が作れる上、ランニングコストも優秀でお財布にも身体にも優しいのが魅力です。
初期費用に惑わされてはいけません
水素水生成器は初期投資費用が大きいため高いと敬遠されがちですが、トータルコストで見ると最も経済的です。タイプ別に比較してみましょう。

市販の水素水

市販のアルミパウチや専用ボトルで売られている水素水は500mlあたり200円〜500円で、気軽に水素水を飲むことができ、水素水をお試ししたい方におすすめのタイプです。
しかし、毎日続けるとなると1日500mlでは効果を実感するには足りず、年間かなりのコストがかかるので、しっかりと水素の効果を実感したい方や家族で飲みたい方などにはあまり向いていません。
また、このような市販されているタイプは水素ガス充填方法で圧力をかけて水素水を作っており、水素が非常に抜けやすく、開封後すぐに飲まなければならないため、継続しにくいのが欠点です。

ウォーターサーバー型の水素水

ウォーターサーバー型の水素水は、本体をレンタルする場合が多く、レンタル料は月額2,000円〜5,000円程度で、これにウォーターボトルの料金が加算されます。
また、設置費用などの諸経費もかかるのでトータルコストで見ると決して安くはありません。
ウォーターサーバー型は飲みたいときに飲むことができ使いやすいのですが、構造上、水素水が生成されてから出てくるまでに数十分、場合によっては数時間もかかるので、飲用するまでに水素が抜けてしまい記載濃度よりもかなり低い濃度になってしまうことが欠点です。

スティックタイプの水素水

スティックは一本あたり5,000円程度で約半年間使えるようなものが多く、とても安いのが魅力です。
生成方法もシンプルで、金属マグネシウムが入ったスティックと水を容器に入れ、蓋をして振ることで水とマグネシウムの化学反応が起こり水素水を作ります。
2.0ppm以上の高濃度水素水が作れるという記載があるものもありますが、水素水の溶存水素の限界濃度は1.57ppmと科学的にも証明されており、それ以上の濃度の水素水を生成するのは不可能です。容器を振ることで大量の水素は発生しますが、これは容器内に充満しているだけで蓋を開けた瞬間抜けてしまいます。
また、水温や振り具合などあらゆる環境要因が原因で水素濃度が変動するため、高濃度水素水を安定的に飲むことが難しく効果を実感しづらいという問題点があります。

生成器の水素水

水素水生成器は本体価格による初期投資費用が10万円〜20万円程とかかりますが、飲みたいときに飲みたいだけ高濃度な水素水を飲むことができるので、継続して飲用するのに最適で、効果も実感しやすいのが魅力です。
高濃度水素水生成器ルルドだと、家族で毎日3.6Lを5年間使用した場合、1リットルあたり27円(メーカー調べ)で高濃度水素水を飲むことができます。市販の水素水の相場(500mlあたり200円〜500円)と比較してもかなり経済的なのがわかります。
さらに、ルルドの魅力は独自の生成方法にあります。一般の水素水生成器は電気分解を取り入れているものが多く、水質がアルカリ性に傾いてしまい、胃酸を薄めてしまうことで胃腸に障害を引き起こす可能性があるとされており長期的な飲用には注意が必要です。
しかし、ルルドは飲用水そのものを電気分解しない分離生成方法を取り入れており、水の性質を変えず水素水を作るので、からだにも優しく乳幼児や高齢者でも安心して飲むことができます。
さらに、ペットや植物にも活用することができるので、コストパフォーマンスは抜群です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る