水素水の活用方法①そのまま飲む

advantage_lourdes_1

水素水は抗酸化作用に優れており、サビないカラダを作り、美容と健康に高い効果が期待できます。
最もシンプルな活用方法は、「そのまま飲む」です。基本的には、これまで飲んでいたお水やお茶などすべて水素水に変えてもらうと良いのですが、水素の「活性酸素を除去する」役割を最大限に発揮させるためには飲むタイミングを意識することも大切です。


ポイントは、活性酸素がよく出るときに飲むことです。疲労やストレスなどは悪玉の活性酸素を体内に発生させ体内に悪影響を及ぼします。
活性酸素が美容と健康に良くないと言われる理由は、体内の細胞や組織を酸化させ機能を衰えさせることにあります。

おすすめの飲むタイミング

以下は、ぜひ意識して水素水を飲用してほしいタイミングです。
紫外線を浴びるとき
運動やスポーツをするとき
疲労やストレスを感じるとき
睡眠不足だと感じるとき
そもそも活性酸素は外部から体を守るために発生する物質で強い酸化作用により、それらの有害物質を除去する働きがあります。しかし、必要以上に紫外線を浴びたり疲労を溜めたりすると、それに応じて必要以上の活性酸素が体内に発生します。これにより本来体を守るはずの活性酸素が、害をおよぼす原因となるのです。
なので、いつもの生活と違うことをした日などはなんらかのストレスや疲労を感じていることが多いので特に意識して水素水を飲用に、不要な活性酸素を除去しましょう。
このように活性酸素がたくさん発生しそうなことをするときには、その直前に水素水を飲むことで発生しないようにすることもおすすめです。

特におすすめの時間帯

もし頻繁に水素水を飲むことができない場合には、起床時または就寝時の飲用をおすすめします。
起床時に飲むことで、これから体内に発生する活性酸素に備えることができます。また、起床時は体が吸収しやすい状態にリセットされているため水素の浸透もよくおすすめです。寝起きにコップ1杯のお水は腸の動きを活発にしてくれるので便通をよくする効果もありますので、日中なかなか水素水を飲めない方はまず起床時に取り入れてみましょう。
就寝時も、体が吸収しやすい状態になっているので水素水を飲用するのにおすすめです。さらに、寝ている間に細胞はより修復されるので寝る前に飲むことにより、その日発生した活性酸素をしっかりと除去して傷ついた細胞を修復してくれます。

おすすめの摂取量

一般的にサプリメントなどを摂取する場合はその摂取量は定められていますが、水素水に関しては特にありません。
人は1日に2リットルの水分を摂取することが望ましいとされていますので、これを水素水に置き換えてもらうことで体内の循環がよくなり効率よく水素が浸透されます。少なくとも1日1リットル程度水素水を飲用すると効果を実感しやすいでしょう。
水素水はたとえ水素を摂取しすぎても体になんも問題もありません。必要以上の水素を摂取した場合にはげっぷなどで自然と体外に排出されるようになっていますので、飲みたいだけ飲むことができます。
ただし、注意したいのが一気に飲むのではなく、こまめに飲むことが大切だということです。こまめに飲むことで隅々まで水素が浸透しやすくなり、より活性酸素を除去してくれます。
高濃度かつ長持ちの水素水を
水素は水素水として摂取した場合、6割は吐く息などで体外に排出されてしまいます。体内でしっかりと水素を感知するためには0.4ppm以上の濃度でなくてはならず、摂取時には1.0ppm以上の水素濃度でないと効果は感じられません。
高濃度水素水生成器ルルドは、水分子を最小単位に分解し、そのひとつひとつに水素を溶存するという国際特許を取得した確かな技術を取り入れており、ボタンひとつの簡単操作で1.2ppm以上の高濃度水素水を30分で作ることができます。
細かい水分子にしっかりと水素を溶存させることで水素も抜けにくく、生成から12時間たっても1.0ppm以上の濃度を保つことができ、外出先などいつでもどこでも飲みたいときに飲むことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高濃度水素水生成器 ルルド の詳細はこちら

ルルドは高濃度の水素水をご自宅で、ボタン一つで生成。

独自の製法で業界トップクラスの高濃度水素水を長時間溶存できます。

ご自分の美容のために、ご家族の健康のために、水素水のある生活を始めてみませんか?

 

ルルド製品ページへ