高濃度水素水生成器「ルルド」の由来

origin_of_lourdes

高濃度水素水生成器「ルルド」は、奇跡の泉のひとつとされているフランスの「ルルドの泉」から由来しています。
ルルドの泉は聖母マリアのお告げによって湧き出てきた泉で、聖母マリアがあらわれたこととあらゆる病気を治す力を持っているということで瞬く間に世界中に知れ渡り、今では年間500万人もの巡礼者が訪れるカトリック最大の聖地となっており、世界各地にあるとされている奇跡の泉の中でも最も有名です。

奇跡の治癒力を持つ「ルルドの泉」

ルルドの泉は、フランスとスペインの国境であるピレネー山脈の麓にある小さな村「ルルド」のはずれの洞窟付近にあります。
ここに奇跡の泉が湧いたのは1858年のことです。
ある日、この村に住む少女ベルナデッドの前にあらわれた聖母マリアのお告げがきっかけで湧き出てきたのがルルドの泉です。
これまで、この泉の水を飲んだおかげで病気が治ったという「説明不可能な治癒」が2,500件以上報告されており、さらにこのうちの65件は「奇跡的治癒」であるとルルドにある医療局によって認定されました。
医学的にどうして治ったのか説明が難しいものを説明不可能治癒だとしていますが、その中でも「奇跡」だと認定するには、模範的な信仰者のみしか認められないなどの厳しい条件があり、おそらくもっと多くの人がルルドの泉の力を実感しているのではないかと考えられています。
このルルドの泉の奇跡についてはノーベル医学生理学賞の受賞者アレキシス・カレル博士の自著「ルルドへの旅」の中でも認められており、彼以外にも多くの医師が認めるほどです。
では、どうしてルルドの泉によってたくさんの病気が治ったのでしょうか。

ルルドの泉には高濃度水素水が湧いている

これまでの研究により、ルルドの泉に湧いているのは「高濃度水素水」であることがわかりました。
水素には体を錆びつかせる原因となる活性酸素を取り除く働きがあり、これがさまざまな病気を治す手助けとなっていたと考えられています。
現在、水素水に関する研究は進んでおり、老化予防や美容効果、さらに人体だけでなくペットの健康や植物の成長の活性化などとありとあらゆる場面でプラスの作用を引き起こすことがわかっています。その可能性は未だ未知数で、今後さらなる研究が行われより注目を集める分野となるでしょう。

いつでも高濃度水素水が飲めます

高濃度水素生成器「ルルド」で作られる水素水は、ルルドの泉に流れる奇跡の水のように高濃度で浸透力の高い水素水を作ることができます。
溶存水素濃度は市販のアルミパウチや一般の水素水サーバーと比較してもトップクラスの高濃度で、さらなる魅力はその持続性です。
一般的に、高濃度な水素水を作るためには電気分解によって水圧をかけ、さらに小さな水素の気泡を大きな集合体にすることで濃度をあげるため、生成直後は高濃度ですが空気に触れた瞬間に圧力の変化によって水素が抜けてしまいます。
そのため、水素水は通常、空気にできるだけ触れないような保存容器に入れ、生成後できるだけ早く飲まなければ水素の効果を実感できないとされています。
しかし、高濃度水素水生成器ルルドは、飲用水を直接電気分解せず水圧をかけずに生成するので、生成後空気に触れても抜けにくく保存容器を気にする必要もありません。
さらに、最小単位にまで小さく分解した水分子に水素をひとつひとつ結合させ溶存するので浸透力も高く、しっかりと水素を封じ込めることができるのです。
ルルドの泉のように、いつでも高濃度水素水を飲むことができるのが高濃度水素水生成器ルルドなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高濃度水素水生成器 ルルド の詳細はこちら

ルルドは高濃度の水素水をご自宅で、ボタン一つで生成。

独自の製法で業界トップクラスの高濃度水素水を長時間溶存できます。

ご自分の美容のために、ご家族の健康のために、水素水のある生活を始めてみませんか?

 

ルルド製品ページへ