ルルドでできること

160701_suissomizu_02

水素水は活性酸素を取り除く作用があり、健康や美容に非常に効果的です。
人のからだは、半分以上が水分でできており、いつも飲んでいる「水」にこだわることであらゆる効果を期待できます。

ルルドは、短時間で高濃度な水素水を簡単に作ることができる水素水生成器で、どんなライフスタイルにも気軽に導入できるよう独自の機能を盛りだくさんに搭載しています。
そんな高濃度水素水生成器ルルドの魅力についてたっぷりご紹介いたします。

ルルドの魅力①トップクラスの高濃度水素水を作れる

ルルドは、溶存水素濃度1.2ppmの高濃度水素水をわずか30分で生成することができます。
水素は水素水として摂取した時、実際に体内に吸収されるのは摂取量の約4割で、残りの6割は呼吸とともに体外に吐き出されてしまいます。さらに、体内で水素を感知するためには0.4ppm以上の水素濃度が必要で、これに満たない場合は水素を摂取しても無意味になってしまうのです。このため水素水の溶存水素濃度が1.0ppm以上でないと効果が期待できません。
また、水素の水への限界溶存量は1.6ppmで、これ以上の濃度が記載されている水素水は大抵、水に溶存しているわけではなく容器内に押し込まれているだけで、容器の蓋を開けた瞬間に水素は抜けてしまいます。
ルルドはしっかりと水分子ひとつ一つに水素を溶かすことにこだわり、体内細胞に染み渡る高濃度な水素水を作ることができます。

ルルドの魅力②水素が抜けない水素水を作れる

通常、高濃度の水素水を生成する場合は飲用水そのものを電気分解する方法を採用することが多いのですが、この方法だと電気分解によるエネルギーが原因で水圧が上がり、生成後すぐに水素が抜けてしまいます。
ルルドは、水分子を最小単位まで分割し、そのひとつひとつに水素を結合させる独自の生成方法で、水圧をかけることなく水素水を生成するため、水素を長時間溶存させておくことができ、生成から12時間経っても1.0ppm以上の高濃度を保てます。
さらなる魅力は、ルルドの水素水は容器を気にすることなく持ち運ぶことができるということです。
水素水は一般的に水素が抜けやすいため専用容器に入れるなど扱いに気をつけなければいけませんが、ルルドで生成された水素水は、その心配がいりません。
細かく分解された水分子そのものに水素をしっかりと結合しているので、容器が原因で抜けてしまうことはありません。
いつでもどこでも気軽に飲めるのがルルドの高濃度水素水なのです。

ルルドの魅力③水素が抜けない水素水を作れる

ルルドの水素水は、浸透性の高さもトップクラスです。
一般的に、高濃度な水素水を作るためには小さな水素の気泡を大きく集合体として固めるため、抜けやすいだけでなく、たとえ飲用時まで水素が残っていたとしても、体内に吸収される前に胃や十二指腸で溶けてしまい、実際には水素の効果が得られないことがほとんどです。
ルルドの水素水は最小単位に分解された水分子ひとつひとつに水素を溶存させるため、胃や十二指腸で溶けることなく、しっかりと体内細胞の隅々に行き渡り働きかけるので、水素の効果を十分に実感することができ、多くの医師やエステティシャンなどにも高く評価されています。
この生成方法は国際特許を取得したルルドにしかできない技術で、浸透力に優れた高濃度水素水を作ることができるのです。

ルルドの魅力④誰でもできる簡単操作

このようなトップクラスの高濃度水素水を、ボタンひとつの簡単操作で作ることができるのもルルドの魅力です。
ルルド本体にタッチパネルがあり、そこの電源スイッチを軽くタッチするだけで水素水を作ることができます。また、押せるスイッチはこれひとつなので機械が苦手な方やお子さんなど誰でも迷うことなく高濃度水素水をお楽しみいただけます。
水素水は毎日続けてこそ意味があるものです。
からだにいいものを気軽にあなたのライフスタイルに取り入れられるよう、こだわり作られたのが高濃度水素水生成器ルルドなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る