水素水生成器の種類

専用スティックでつくる水素水

水の入ったペットボトル

水素水を専用スティックで飲む利点

現在、水素水に関連する商品が多数発売されており、水素水を飲む方法としては、いくつかの選択肢が存在しています。
店舗やインターネット上で、販売しているものをよく目にするけれど、どれを選べばいいのか分からないという方も、たくさんいらっしゃるかと思います。
その中で代表的なものの一つに、専用のスティックを使用し、水素水をつくるタイプのものがあります。

コストパフォーマンスと利便性

水素水を、コストを抑えて低価格で飲みたいという方、ボトルに入れたものを持ち歩き、外出先で飲みたいという方に、この専用スティックのタイプは適しています。
最も手軽に利用できるタイプのものは、市販されている水素水を購入して、そのまま飲むものになりますが、複数回、繰り返し使用できる専用スティックのタイプに比べると、コストの面では高くなってしまうと言われています。
水素水を飲む生活を試してみたいという方は、まずはこの専用スティックのタイプから、始めてみるのがよいかもしれません。

知っておくべき3つのポイント

水素水をつくる仕組み

水素水をつくる専用スティックの効果は、一体どのような原理で生まれているのでしょうか。
ペットボトルなどの内部に、水と専用スティックを入れておくことで、時間の経過とともに水素濃度が高まり、水素水として飲むことが可能となります。
一般的な専用スティックの商品の仕組みとしては、水とマグネシウムの化学反応によって、水素水ができあがるというものです。
専用スティックに入っている金属マグネシウムが水に触れることで、水素が発生するというメカニズムです。
生成器具の仕組みを理解することは、これから生活の中に水素水を取り入れていこうと考えていらっしゃる方にとって、自分にあったものを見つけるための大切な要素の一つです。

飲むまでにかかる時間と手入れ

どのくらい生成に時間がかかるのかという点は、気になるところかと思います。
電気分解によって、水素水をつくる生成器やサーバーを使用する場合には、数分で水素濃度が高まり、比較的早く飲むことができます。
一方、この専用スティックは、数時間かかるものが一般的です。
時間や、濃度を求める方の中には、スティックを二本入れて使用するという方もいらっしゃるようです。

また、繰り返し使えるという専用スティックですが、手入れをする必要があるのかという点も気になるところかと思います。
その点に関しては、水洗いして乾かすだけでよいという商品が出ているので、面倒な作業はしたくないという方でも、問題なく使用できます。

ペットボトルの使用

「ペットボトルは水素が抜けやすい」という情報を聞いたことがあるという方も、いらっしゃるかと思います。
ペットボトルの素材は分子が大きく、さらに水素は軽いという特徴をもつため、気圧の低い方に流れやすいです。
そのため、市販されている水素水で、そのまま飲むことができるタイプのものには、容器としてアルミボトルや、アルミパウチが多用されています。
しかし、この専用スティックで作る水素水においては、ペットボトルを使用した場合も、水素が抜けていく以上に、生成される割合が大きいため、水素濃度が高まっていきます。
そのようなペットボトルを使用するのは、どの家庭にもあるものなので、手軽に利用することができること、そして持ち運びなどにも便利なことが理由であると考えられます。
スティックや水素発生剤を購入すると、あらかじめ専用のペットボトルが同封されている商品も見られるため、大きな問題ではないと言うこともできます。
少しでも保存性を高め、高濃度の水素水を飲みたいという方は、専用スティックを使用する際に、アルミニウムなど金属素材の容器をお使いいただくのがよろしいかと思います。

 

持ち運び可能なボトルで飲む水素水

ペットボトルを持つ女性

ボトルと水素水の関係

水素水を外出先で飲みたい、持ち歩きたいという方は、ボトルを利用するのが最適です。
すでに使用されているという方は、どんなボトルを使っていらっしゃるでしょうか。
現在、水素水を飲むためのボトルの選択肢は、複数存在しています。
どれを選んで使用するかというところは、水素水を飲まれる方にとって重要な問題となります。
ボトルの性能は、水素の濃度の変化にも関係してくるからです。
水素水の特徴をふまえながら、ボトルについて見ていきましょう。

水素水の特徴

水素水とは、水素を含んだ水のことです。
水素分子は、小さく、軽いという特徴を持っています。
軽いため、気圧の低い方へ逃げやすいという点も知っておくとよいポイントです。

ボトルの種類

現在、水素水のボトルには、いくつかの種類があります。
大きく分類すると、「飲みきるタイプ」と、「ボトル内で生成するタイプ」に分けることができます。

飲みきるタイプ

飲みきるタイプは、アルミボトル・アルミパウチ・ペットボトルなどの容器に、水素水が入れられた状態で販売されており、購入後に開封して飲みきってしまうものです。このタイプのもののメリットとしては、手間が一切かからず、そのまますぐに飲むことができるという点です。
しかし、毎回飲みきってしまうので、そのたびに購入しなければならないことも忘れてはいけません。このタイプで毎日飲みたいという方は、まとめ買いをされる方が多いようです。

現在、この飲みきるタイプの商品の容器には、アルミニウム製のものが使用されることが多くなっています。
水素水以外の飲料水の容器として、一般的に売られているもので一番よく目にするのは、ペットボトルの商品です。
なぜ、水素水にはアルミニウムの容器が使われるのでしょうか。
水素水の容器として、ペットボトルが多用されない理由としては、ペットボトルの素材の分子の大きさです。
ペットボトルの素材の分子は大きいため、水素が通り抜けやすくなります。
濃度を保ちたい水素水の容器としては、適していないと言われています。
アルミニウム製の容器のほうが水素が抜けにくいため、適しているのです。
そのため、アルミボトルやアルミパウチの容器のものが、多く売られています。アルミパウチの容器であっても、飲み口の部分はプラスチックということがほとんどでした。
ところが最近では、濃度を保つため、飲み口の部分までアルミニウムで加工されたものが出てきています。

ボトル内で生成するタイプ

ボトル内で生成するタイプは、水を入れたペットボトルに専用のスティックをいれて生成するものや、あらかじめ充電しておいた電力を用いて生成するものが一般的です。

先ほど、ペットボトルの容器は水素が抜けやすいとお伝えしました。
ペットボトルにスティックを入れるタイプのものは、マグネシウムなどの効果により、ボトル内で水素が抜けてしまう以上に生成するため、水素の濃度を高めることができます。
ペットボトルを使用する理由としては、身近にあり、手軽に使えるものであるためだと考えられます。
保存性を考慮する場合には、口の部分からスティックを入れることが可能な、アルミニウムやステンレスなどの金属製の容器を、お使いいただくのがよろしいかと思います。

充電した電力によって電気分解で水素水をつくるものは、いわゆるボトル型の水素水生成器です。
水を入れてボタンを押すと生成し始め、数分で濃度の高い水素水を飲むことができます。
この類の製品は、充電することで何度も使うことができます。
水以外の飲料でも、使用可能だという製品も出ています。

水素水を飲む頻度は人によって様々ですので、飲みきりタイプを購入する場合と、こちらの生成するタイプを繰り返し使った場合、どちらの方がコストを抑えることができるのかという観点で、選んでいただくのもよろしいかと思います。