pHを変化させず優しい水素水を作れる

160701_suissomizu_01

高濃度水素水生成器ルルドは、飲用水そのものを電気分解しない独自の生成方法で、pHを変化させず、誰でも安心して飲める優しい水素水を作ることができます。
pHを変化させないルルド独自の生成方法やメリットなどについて詳しくご紹介します。

そもそもpHとは?

pHとは水の性質を表す目安として使われる単位のことで、1〜14の数値で水質を示します。中間値7が中性となり、それを境に数値が低くなると酸性に、高くなるとアルカリ性になります。酸性は酸っぱく、そしてアルカリ性は苦く感じるのが特徴です。
一方、中性はそのような刺激がなく口にしやすいのが特徴で、たとえば普通の水はこれに該当します。

電気分解をするとアルカリ性に傾く

一般の水素水生成器は、水素を大量に発生させやすいという理由から電気分解方式を採用しているものが多いです。
電気分解によって作られた水素水は、電気エネルギーの作用でアルカリ性に傾くという特徴があり、このことから「アルカリイオン水」などと呼ばれることもあります。
本来中性の水がアルカリ性に変化する理由は、電気分解の仕組みにあります。
基本的に、電気分解は、プラス極とマイナス極に分けられ、それぞれに電極がついた電解槽で行なわれます。この電解槽に電流を流すと、マイナス極側にアルカリ性の還元された水ができ、プラス極側には酸性の酸化された水ができます。
このマイナス極側にできたものが水素水にあたり、還元された水ということで「還元水」と呼ぶこともあります。

継続飲用には注意が必要

電気分解によりアルカリ性に傾いた水素水は、胃酸を薄める作用があります。
これは、胃腸の不具合を解消したり、ある特定の疾患の治療に効果が見込めたりとメリットも多いですが、その一方で健康な人が継続して飲用するには注意が必要です。
健康な人にはこの胃酸を薄める作用が継続して働くことで、将来的に胃腸に障害を引き起こしてしまう可能性があるとされています。また、胃腸の成長が未熟な乳幼児や胃腸の機能が低下している高齢の方、疾患をお持ちの方への飲用もおすすめできません。

水素水が苦くなる!?

水素水は無味無臭のように思われがちですが、水も軟水、硬水などで味が違うように、水素水もものによって違います。
アルカリ性の水素水は特にその変化を感じやすく、他の水素水と比較して苦味があるのが特徴で、味覚が敏感な乳幼児はこれを嫌がり飲まないことも少なくありません。乳幼児のみならず大人でも、飲みにくさを感じることもあります。
水素水を選ぶときには、濃度はもちろんですが、味が自分の口に合うかどうかも事前に確認しておくと良いでしょう。

みんなに優しいルルドの水素水

高濃度水素水生成器ルルドは、国際特許を取得した「分離生成方式」で、飲用水をいれるところと水素を発生させるところを分けて水素水を生成するため、飲用水そのものは電気分解しません。
これにより、飲用水のpHを変化させず高濃度な水素水を作ることができます。
水本来の性質を保ったままの水素水なので、味の変化がないのはもちろん胃酸を薄めることもなく、誰でも安心して継続して飲むことができます。
水素水がもたらす効果は未だ未知数で、美容や健康維持だけでなく、乳幼児のアトピー改善、ペットの老化に伴う症状の改善、農業への活用などあらゆる場面でプラスの働きがあるとの報告があり、その活用方法についての研究は日々行われています。
これらの効果を得るために、どれも共通して言えることは、毎日水素水を継続して飲用するということです。
高濃度水素水生成器ルルドで作れる水素水は、水本来の性質を保ったからだ想いの優しい水素水で、乳幼児だけでなく、高齢の方やペット、植物など、家族全員の健康を守ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る