短時間で高濃度水素水を作れる

rurudo_img05

高濃度水素水生成器ルルドはボタンひとつの簡単操作で、最長わずか30分で溶存水素濃度1.2ppm以上の高濃度水素水を作ることができます。
他の生成方法と比較しながらルルドの水素水の魅力に迫ります。

続きを読む

水素が抜けない水素水を作れる

rurudo_img03

水素水は、水素が抜けやすいことが最大の問題点とされており、溶存水素濃度を保つために保存容器に気をかけたり、長時間置かずすぐ飲むよう気をつけたりと慎重に扱わなければいけません。
しかし、この根本的な問題点を解決し、溶存水素濃度を長時間持続できる水素水を作ることができるのが高濃度水素水生成器ルルドなのです。

続きを読む

ルルドの構造

rurudo_img01

ルルドは、国際特許を取得した独自の生成方法で「水素が抜けない水素水」を作ることができる高濃度水素水生成器です。
では、一体どのような水素水生成器なのか、どうやって水素が抜けない水素水を作れるのかなど、ルルドについてその構造から詳しくご紹介します。

続きを読む

ランニングコストが優秀

rurudo_img02

水素水の理想の摂取量は1日1リットル以上とされており、しっかりと体内細胞に水素のパワーを行き渡らせるためには1.0ppm以上の溶存水濃度が必要です。
さらに、最も大切なのはこれを毎日継続して飲むということです。

続きを読む

トップクラスの高濃度水素水を作れる

rurudo_img04

高濃度水素水生成器ルルドは、水素が抜けない独自の生成方法で水素水業界トップクラスの溶存水素濃度の水素水を作ることができます。
高濃度な水素水が良いとされるのにはきちんとした理由があります。

続きを読む

水素水の活用方法④植物への水やり

advantage_lourdes_4

水素水は植物の水やりとしても使用することもできます。
水素が持つ抗酸化作用は植物にも良い影響をもたらすことが多くの実験で実証されており、植物を活き活きと元気にすることができるのです。
植物は人体以上に多くの水分からできているので、その点から考えても水が植物の健康状態を左右すると言っても過言ではありません。

続きを読む

水素水の活用方法③ペットケア

advantage_lourdes_3

水素水は愛犬、愛猫の健康ケアにもとても効果があり、ここ数年注目されています。
例えば、歳を重ねるにつれ気になる毛のつや改善やにおいの軽減、食欲不振の改善などその効果は多岐にわたり、特にアンチエイジングにおすすめです。
これ以外にも、アレルギー皮膚炎や白内障や腎不全などの病気にも効果があることがわかり、最近では治療として高濃度水素水を導入する動物病院も増えています。

続きを読む

水素水の活用方法②スキンケア

advantage_lourdes_2

水素分子は世界で最も小さな分子で、皮膚呼吸からでも吸収することができます。
水素水を飲んで体内に取り入れる場合、溶存されている水素の半分以上は呼吸により吐き出されてしまい残りも腸で溶けてしまうことが多く、実際に細胞まで浸透される水素の量はごくわずかだとされています。

続きを読む