水素水の活用方法②スキンケア

advantage_lourdes_2

水素分子は世界で最も小さな分子で、皮膚呼吸からでも吸収することができます。
水素水を飲んで体内に取り入れる場合、溶存されている水素の半分以上は呼吸により吐き出されてしまい残りも腸で溶けてしまうことが多く、実際に細胞まで浸透される水素の量はごくわずかだとされています。

皮膚から取り入れる場合は、ダイレクトに肌細胞に働きかけることができ、水素がもたらす効果をしっかりと実感できます。
特に美容において効果抜群で、水素を取り入れたスキンケアは大きな注目を集めています。

活性酸素による肌トラブル

活性酸素は日々浴びる紫外線やストレスなどが原因で作り出される物質で、本来は体内に入り込んだ有害物質を除去し細胞を守るための必要な物質です。
しかし、酸化力がとても強いので、これが増えすぎてしまうと逆に細胞を傷つけしまいあらゆるトラブルを引き起こします。この中のひとつが肌トラブルなのです。
活性酸素によって肌の細胞が破壊され肌サイクルが乱れることにより、メラニン色素を過剰に生成し「しみ」「しわ」「くすみ」の原因となり、つまりは老化につながります。
さらには、真皮のコラーゲンも壊してしまうことで炎症や肌荒れも引き起こしてしまうのです。

活性酸素による肌トラブルには水素がてきめん

活性酸素によって引き起こされたトラブルは水素が持つ抗酸化作用で改善することができます。
水素は非常に小さな分子なので皮膚呼吸によっても吸収できるため、そのまま飲むだけでなく、スキンケアにたっぷりと水素を取り入れ体外から肌細胞に働きかけることでさらなる効果を実感できます。
水素水を取り入れたおすすめのスキンケア方法は下記の通りです。
水素水洗顔
水素化粧水
水素水パック
どれも方法は簡単で、洗顔に取り入れる場合はこれまで使用していた水道水を水素水に変え、化粧水として取り入れる場合は水素水をそのまま肌にパッティングします。
パックとして取り入れる場合にはシートマスクやコットンを用意し、それにしっかりと染み込ませ他のシートパックと同じ要領でパックしたい部分にのせ5〜10分程度置きます。
このように肌の表面から直接水素水をしみこませることで、肌細胞内にある活性酸素を取り除き肌サイクルの乱れを修復します。これにより、破壊されたコラーゲンを修復し、メラニン色素の生成を正常に戻すことで肌トラブルの改善につながるのです。

浸透力の高い水素水

より早くしっかりと効果を実感するためには高濃度で浸透力の高い水素水を選ぶことが大切です。
一般のサーバーは、高濃度な水素水を作るために電気分解し水圧をかけるので、出来上がり直後は高濃度ですが、空気に触れた瞬間、圧力の変化で一気に水素が抜けてしまいます。それだけなく高濃度にするために小さな水素分子を大きく集合させているため浸透性に優れているとは言えません。
高濃度水素水生成器ルルドは、水分子を最小単位まで細かく分解し、そのひとつひとつに水素分子を結合させ溶存するので、水素が抜けにくいだけでなく、非常に浸透力が高い水素水を作ることができます。
溶存水素濃度も1.2ppm以上の高濃度で、生成から12時間たってもほぼ抜けることなく1.0ppm以上の濃度が保たれます。
飲む以外にも、生活のあらゆる場面に上質な水素水を取り入れ、酸化に肌トラブルや老化を防ぎ、いつまでも若々しくサビないカラダを手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高濃度水素水生成器 ルルド の詳細はこちら

ルルドは高濃度の水素水をご自宅で、ボタン一つで生成。

独自の製法で業界トップクラスの高濃度水素水を長時間溶存できます。

ご自分の美容のために、ご家族の健康のために、水素水のある生活を始めてみませんか?

 

ルルド製品ページへ