水素水の活用方法③ペットケア

advantage_lourdes_3

水素水は愛犬、愛猫の健康ケアにもとても効果があり、ここ数年注目されています。
例えば、歳を重ねるにつれ気になる毛のつや改善やにおいの軽減、食欲不振の改善などその効果は多岐にわたり、特にアンチエイジングにおすすめです。
これ以外にも、アレルギー皮膚炎や白内障や腎不全などの病気にも効果があることがわかり、最近では治療として高濃度水素水を導入する動物病院も増えています。

ペットへの与え方は非常にシンプルで、これまで飲んでいた日々の飲用水を水素水に変えるだけで老化や病気を予防することができます。
ペットに水素水を飲ませるときの注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしていただき、愛犬・愛猫の健康を守ってあげましょう。

高濃度かつ浸透性が高いものを選びましょう

人間と同じでペットにも溶存水素濃度の高い水素水を選んであげましょう。
水素水は0.4ppm以上の水素量でないと体内で感知されず無意味となってしまいます。また、水素水として飲んだ場合、含まれている水素の6割は呼吸とともに体外に排出され、実際に体内に取り込まれる水素は残りのわずか4割だとされているため、飲用時には最低でも1.0ppm以上の溶存水素濃度が望ましいとされています。
通常、高濃度な水素水を作るためには電気分解で水圧をかけ、さらに、水素の気泡を大きく集合させることで濃度をあげていることが多く、圧力の変化で水素が拡散しやすくなっています。体内に取り込まれたわずか4割もこれが理由で細胞や組織まで届かず溶けてしまうことも少なくありません。
高濃度水素水生成器ルルドは、水分子を限界まで細かく分解し、そのひとつひとつに水素を溶存させているので、水素が抜けにくく細胞や組織の隅々にまで行き渡る高濃度水素水を作ることができます。
一言に「高濃度」と言いましても、すぐに抜けてしまっては意味がありません。
溶存水素濃度が濃く、さらに浸透性の高い水素水を選ぶことで、しっかりと愛犬・愛猫のケアをしてあげましょう。

長時間溶存できるものを選びましょう

ペットはたいてい飲みたいときにお水が置かれている場所に飲みに行きます。そのため、水素が抜けやすい水素水を用意していると、いざ飲むときにはすでにただの水になっていることも少なくありません。
市販されている水素水や一般的なサーバーは特に水素が抜けやすく、開封または生成後2時間程度でほとんど水素がなくなってしまうため長時間置いておくことができず、あまりペット向きだとは言えません。
また長時間水素を持続できるものでも容器に気を使わなければならないものも多く、気軽に導入するのが難しいのが欠点です。
高濃度水素水生成器ルルドは、ボタンひとつで1.2ppm以上の高濃度水素水を30分で作ることができ、さらに生成から12時間たっても1.0ppm以上の溶存水素濃度を保つことができます。
水素の持続性に優れている理由は、国際特許を取得したそのたしかな技術にあります。
ルルドは飲用水そのものを電気分解しない方法で、最小単位にまで細かく分離させた水分子に水素をひとつひとつ共有結合させ付着させることで、保存容器を気にせず長時間高濃度の水素を持続できることを実現しました。
朝、水素水をつくり愛犬・愛猫の容器に注いで置くだけで、飲みたいときにいつでも高濃度の水素水を飲ませてあげることができ、老化や病気の予防できるのが高濃度水素水生成器ルルドです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高濃度水素水生成器 ルルド の詳細はこちら

ルルドは高濃度の水素水をご自宅で、ボタン一つで生成。

独自の製法で業界トップクラスの高濃度水素水を長時間溶存できます。

ご自分の美容のために、ご家族の健康のために、水素水のある生活を始めてみませんか?

 

ルルド製品ページへ