水素水の活用方法④植物への水やり

advantage_lourdes_4

水素水は植物の水やりとしても使用することもできます。
水素が持つ抗酸化作用は植物にも良い影響をもたらすことが多くの実験で実証されており、植物を活き活きと元気にすることができるのです。
植物は人体以上に多くの水分からできているので、その点から考えても水が植物の健康状態を左右すると言っても過言ではありません。

水素水がもたらす植物への効果

植物は酸化が原因で枯れてしまいます。
水素には酸化を抑制する作用が備わっており、この抗酸化力が植物に効果的に働くのです。
水素水のやり方は非常にシンプルで、これまで水やりに使用していたお水(水道水)を水素水に変えるだけです。
枯れるのを防ぐ役割があるだけでなく、すでに枯れかけてしおれている植物にも有効です。また、切り花など花瓶にさすときも水素水を使用すると長持ちさせることができます。
最近では農業にも役立つという検証もされており、普通のお水で育てるよりも水素水で育てたものの方がよく成長し収穫量も上がったという報告がなされています。
さらには、水素水で育てた作物には抗酸化効果が期待できるという仮説もあり検証が進んでいます。水素水の活用方法はまだまだ未知数で、今後さらなる注目を集めることでしょう。

長時間持続する水素水を選びましょう

自宅で気軽に植物へ水素水を活用したいときは、観葉植物や家庭菜園などがおすすめです。
植物に水素水を与える際の注意点としましては、吸収するまでに時間がかかってしまうので水素が抜けにくいものを選ばないといけないということです。
人や動物は水素水を飲むことで素早く体内に取り込むことができますが、植物は違います。プランターなどに水を与え、じわじわと吸収していくため、植物が水素水を吸収するまでには時間がかかってしまいます。
水素は空気に触れると非常に抜けやすく、いざ植物が吸収するときにはすでにただの水になっていることも少なくありません。

高濃度かつ浸透性の高い水素水

市販のアルミパウチで売られている水素水は高濃度ですが、開封後2時間程度でほとんどの水素が抜けてしまい植物への水やりに使用するのは不向きだと言えます。
一般の水素水生成サーバーは、高濃度なものを作る場合、電気分解で生成することが多く、生成時に水圧をかけます。さらに濃度を上げるために小さな水素の気泡を大きな集合体とすることで濃度を上げているので、空気に触れた瞬間、圧力が変化することで一気に水素が抜けてしまうのです。なので、空気に触れないよう保存容器にも気をつけなければならないため、植物の水やりには適していません。
高濃度水素水生成器ルルドは、保存容器を気にしなくとも長時間高濃度な状態を維持できる水素水を作ることができます。
その生成方法は、水素水となる部分は直接電気分解せず水圧をかけないという国際特許を取得したルルドならでは生成分離方法で、圧力の変化による水素の抜けの心配が入りません。また、水分子を最小単位まで小さく分解し、そのひとつひとつに水素分子を結合し溶存させるため、専用の保存容器に入れる必要がなく長時間高濃度を維持できます。
操作方法も簡単で、ボタンひとつで1.2ppm以上の高濃度水素水を作ることができ、生成から12時間後もほぼ抜けることなく1.0ppm以上の高濃度を保つことができるのです。
さらに、細かく分解し作られているので浸透力にも非常に優れており、植物細胞の隅々にまで行き渡らすことができ効率よく成長を活性化することができるのです。
植物に水素水を使用するときに懸念されるのがコストの問題ですが、ルルドはコストパフォーマンスにも優れているので安心して植物に活用することができます。
飲むだけなく、あらゆるシーンに水素水を活用させ、あなたの身の回りもどんどん活性化させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高濃度水素水生成器 ルルド の詳細はこちら

ルルドは高濃度の水素水をご自宅で、ボタン一つで生成。

独自の製法で業界トップクラスの高濃度水素水を長時間溶存できます。

ご自分の美容のために、ご家族の健康のために、水素水のある生活を始めてみませんか?

 

ルルド製品ページへ